京都虹夕诺雅度假酒店

境语景观2019-07-07 01:14:39


京都虹夕诺雅度假酒店 概念

占地京都岚山的旅游目的地,赴月橋衣袖的比乘坐小船的方法。街上的喧嚣,站在峡谷的斜面远离用地是100多年前开始,这次持续旅馆作为新星星和播放。项目最大的特点是,不仅在陡峭的山坡地区现有的维修。修复前是眼前的峡谷美才是抛售,用地内的开放式空间是店面的情趣,也有单纯的动线空间而已。而且根据建筑物外眺望的序列。这些单调的空间结构、建筑和淡薄的关系是这个地方的条件。

在那里度假的空间转换。到达的时候开始“京都的客栈”的感觉,星和的品牌表现、滞留的空间都来这里的依据。它们的实现,同时客房眺望外面的双方开始的两个不同的魅力,夹塞组成。这是过去的通道新插入的“庭院”。车辆也按照通道,同时也是休息室,院子里也有空间。这种空间的实现目标。

竣工2009 -11

规模9681 .98 m2

地址京都市西京区岚山元录山町11 - 2


星のや京都

詳細情報

コンセプト

敷地は京都嵐山の観光地にあり、渡月橋の袂より舟に乗ってのアプローチとなる。街中の喧噪を離れ峡谷の斜面に立つ敷地は、100年ほど前から続く旅館があり、今回新に星のやとして再生されることとなった。プロジェクト最大の特徴は、言うまでもなく急峻な斜面地での既存改修にある。改修前は眼前の峡谷美こそが売りで、敷地内のオープンスペースは和風の趣は持ちつつも、単純な動線空間に過ぎなかった。しかも建物によって外の眺望からも切り離されていた。これらの単調な空間構造かつ建築との希薄な関係はこの場所の与件であった。

そこをリゾートという空間に変換する。着いたときから始まる「京都の宿」である感覚、星のやというブランドの表現、滞在の空間すべてがここに来る根拠となること。それらの実現のため、外側の眺望と共に客室を両側から異なる二つの魅力で挟み込む構成を考えた。それが新しくかつての通路に挿入された「庭」である。車両も通り、通路であり、同時にラウンジであり庭でもある空間。そういう空間の実現を目指している。

竣工2009-11

規模9,681.98m2

住所京都市西京区嵐山元録山町11-2

内容基本設計、実施設計、設計監理

担当長谷川浩己、鈴木裕治、丹野麗子

施主星野リゾート

共働建築:東環境?建築研究所、照明:都市環境照明研究所(ICE)、設備:Gn設備計画、山崎設備



注:本文转自mooool设计 ,原创作者:studio on site。十分感谢作者的悉心编写。如有版权问题,请及时与我们联系,我们将第一时间做出处理。

Copyright © 日本跟团价格联盟@2017