【风景对译栏目】-京都

霓虹之声2018-07-11 13:24:19

 

京都市(きょうとし)は、京都府南部に位置する同府最大の市で、京阪神大都市圏の一角を担う。延暦13年(794年)に日本の首都になった平安京を基礎とする都市で、明治天皇が東京に行幸するまでの約1080年に渡って天皇家および公家が集住したため「千年の都」との雅称で呼ばれる。平安時代、室町時代の室町幕府期には日本の政治の唯一の中心であり、鎌倉時代、室町時代の中の戦国時代、安土桃山時代、江戸時代の幕末期などにおいても、日本の政治の中心の一つとして大きな役割を果たした。

 


京都,位于京都府南部,是其府最大的城市,也是京阪神都市圈的一部分。从公元794年迁都平安京到明治天皇于东京奠都,京都作为日本首都、天皇居城和朝中贵族与重臣聚集地存在了大约1080年,固有“千年之都”的雅称。在平安时代、室町时代的室町幕府时期是日本政治的绝对中心,镰仓时代、室町时代的战国年间、安土桃山时代和江户时代的幕末时期作为日本的政治中心,同样也发挥了巨大的作用。

 

旧帝国大学の京都大学をはじめとする多数の大学が集積し、国内外から学生や研究者が集まる学園都市ともなっており、国際会議観光都市に指定されている。さらに、第二次世界大戦の戦災被害を免れた神社仏閣、古い史跡、町並みが数多く存在し、宗教・貴族・武家・庶民などの様々な歴史的文化や祭りが国内外の観光客を引き寄せる観光都市でもあり、「国際観光文化都市法」に基づく国際観光文化都市に指定されている。

 


由于以旧制帝国大学的京都大学为首的许多大学聚集在这里,吸引了国内外学生和研究者们,因此成为了一座学术之城,并被指定为国际会议观光都市。另外,第二次世界大战中很多神社古迹、佛阁神龛、老街旧镇都幸免于难,众多国内外的旅客被其宗教、贵族、武士以及普通百姓的各式各样的历史文化习俗和节日祭祀所吸引,于是成为国内著名的旅游城市。以“国际旅游文化都市法”为根据被指定为国际旅游文化城市。

 

清水寺(きよみずでら)

清水寺は、京都府京都市東山区清水にある寺院。山号は音羽山。本尊は千手観音、創建は平安京遷都よりも古く延鎮上人により宝亀9年(778年)に開山されたと伝えられている。季節を問わず多くの参詣者が訪れる。また、修学旅行で多くの学生が訪れる。1994年、古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。清水寺の一番の見所は「清水の舞台」で有名な本堂である。崖下からの高さは18mあり、舞台からは京都市内が一望である。

 


清水寺位于京都府京都市东山区。山号为音羽山,主要供奉千手观音。传说清水寺的兴建时间要比平安京迁都更早,创始人延镇于宝龟9年(公元778年)开山建寺。清水寺不管什么季节都会有很多访客。同时,很多学生也会选择这里作为修学旅行的地点。1994年以“古都京都的文化财”的名义被联合国教科文组织列入世界文化遗产。清水寺最值得去参观的景点是以“清水舞台”闻名的正殿。悬崖高度18米,从清水舞台向市内望去,京都景色一览无余。

 

鹿苑寺(ろくおんじ)

正式には鹿苑寺(ろくおんじ)というのが金閣寺(きんかくじ)と呼ばれることが普通である。鹿苑寺は京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺であ、この寺の歴史を振り返ると古くは鎌倉時代に藤原一族の藤原公経(西園寺公経)(さいおんじきんつね)がこの地に西園寺を建立しました。建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築である舎利殿は金閣(きんかく)、舎利殿を含めた寺院全体は金閣寺(きんかくじ)として知られる。


虽然正式名称为鹿苑寺,但更多的被人叫做金阁寺。是一座位于京都市北区的临济宗相国寺派寺院。这座寺庙的历史可以追溯到镰仓时代藤原一族的藤原公经(后改名为西园寺公经)在这片土地上所建立的西园寺家宅邸。舍利殿是一所三层楼阁状建筑,建筑内外均贴有金箔,所以便称为“金阁”,而金阁寺则是包括舍利殿在内的整个寺院。

 

 

二条城は徳川家康が江戸時代に築城した京都市中心部にある平城である。二条城は、徳川家の栄枯盛衰のみならず、江戸時代の始まりと終わりを象徴的に示す場所となる。二条城には季節の楽しみもあります。二条城といえば桜が有名ですが、桜以外にも早春の梅林、初夏のツツジ、サツキ、夏のしだれえんじゅ、秋には紅葉と、四季の植物を楽しめます。

 


二条城为德川家康在江户时代下令兴建,位于京都中心地带的平城。二条城见证了德川家的荣枯兴衰,同时也是象征江户时代开始和结束的地方。二条城随着季节的变化有着不同的引人入胜的地方。除了春季最有名的樱花以外,还有早春盛开的梅树、初夏的杜鹃花、秋天的红叶,每个季节所盛开的植物都美的不能再美了~

 

来源:网络

译者:Magg


Copyright © 日本跟团价格联盟@2017